仕組み | エロ動画もいいけど催眠オナニーもやばい!

仕組み

自分の体の感覚が変わるというのは、普段では味わうことができないものですよね。氷を触れば冷たいですし、お風呂に入れば暖かい。もちろんその触ったものの温度によって感じ方の違いというのは多少あるかもしれませんが、熱いや冷たいという感覚は同じですしそれに関しても当然のものとして認識していると思います。

感覚の目安というのは自然と確立されています。それが刷り込まれていますから痛みを感じるものには触れようとは思いませんし、より快適性を感じるものであればそれを普段から活用するというような行動をとるでしょう。刷り込まれた感覚を拭って新しい感覚を得るということはなかなか出来るものではないのです。
しかしそのルールを崩して無理やり変えることが出来る方法があります。それが催眠です。

催眠というのは自分の理性などを透過させて、潜在意識や無意識的なものを全面に出すという効果があるんです。ふだんであれば「こんなことは恥ずかしくてできない」というよう理性が働いて拒んでしまう行動でも、催眠をかければ開放的な気分になってその恥ずかしさや理性などを気にしなくなるのです。
究極的に素直な状態といえばいいでしょうか?それが自分の意志だと思い込み、それを行うことが正しいと疑わない。そんな状態になってしまうのです。

そして催眠状態になれば本能的な部分が開放されるので、性欲も全開になります。普段では思い起こすことがないであろう鋭敏な感覚がエロさというのを衝動的に感じてしまうのです。
その状態でより興奮するような支持が出たとしましょう。究極的に素直な状態で、それについて全身全霊で従うようなものなので興奮する度合いというのは増していきます。そしてその内容が具体性を増していき、オナニーをするように命じると、興奮は最高潮のままでオナニーをしてしまうのです。もちろんそこには自分の意志があるような内容なぼんやりとした感覚で、タダ興奮するということだけで手を動かしてしまいます。
その感覚がやみつきになるくらいの快感を生み出し、催眠オナニーでしか味わうことができない満足感をもたらすのです。

そしてその催眠状態の際により興奮するように指示を出すのが、音声ソフトの内容になるのです。これを聞くことによって催眠状態にはいらされ、最高の絶頂を迎えさせられる。そんなことってあるのかよ・・・と思いたくなるくらいすごい効果を持っているものになりますよね。にわかには信じがたいですが、それでも多くの人がこれを活用していることを考えると、やはり相当魅力的なものなのでしょう。